CONTENTS

お金を借りる時の金融機関の審査に通らない理由とは

カードローンキャッシングでお金を借りる時は、まず金融機関の審査を受けることになります。金融機関も返してくれる当てのない人にお金を貸せませんから、その人が借りたお金をちゃんと返してくれるかどうかを審査するのです。しかし、具体的にどんな審査をしているのかは、一般の人にはよくわかりません。金融機関が審査基準を公表しているわけではないので、審査に落ちたとしてもその理由は推測するしかないのです。

審査基準は公表されていない
審査基準が明らかでない以上、一度ある金融機関の審査で落とされると、別のところに申し込むにしても躊躇してしまうでしょう。自分の何がいけなくてお金を貸せないと判断されたのかがわからないままでは、また次のところでも審査に落ちるかもしれないと考えるからです。しかし、基準が公表されておらず、具体的な審査項目は金融機関によっても若干の違いがあると考えられるものの、審査に通った人の話と照らし合わせることで、審査の合格ポイントはある程度見えてきます。

安定した収入
審査されるいちばんのポイントは、定職に就いて安定した収入を得ていることです。大企業に長年勤務しているという人なら、ほぼどこの金融機関でも大丈夫だと思われます。お金を借りる以上、返済は絶対ですから、金融機関も毎月決まった日までに決められた金額をきちんと返せる人にしか貸さないのは当然です。それを見極めるためには、その人の収入状況を見るのが最もわかりやすいということでしょう。1万円借りる程度なら安定した収入があればまず審査に通ります。

収入があるのに審査落ちする理由
上で見てきたように、金融機関の審査のポイントはお金を貸す相手に安定した収入があるかということですので、定職に就いて毎日給料をもらっている人なら問題ないと思われます。しかし、実際にはサラリーマンでも審査に落ちることがあります。ちゃんと毎月安定した収入を得ているにもかかわらず審査に通らないとなると、いったい何が原因なのかと別の金融機関に申し込むにもためらわれますし、実際、一カ所で審査に通らない人は別のところでも審査に落ちることは多いです。ただ、審査基準が公表されていない以上、あくまで推測の域を出ないのですが、それでもある程度は理由を絞り込むことはできます。審査に通らない最大の原因は、過去に利用したカードローンやキャッシングで何度も支払いが滞ったことがあることだと思われます。支払いの延滞や滞納は、金融事故といって最も信頼を損ねる行為です。もし、毎月ちゃんと収入を得ているのになかなか審査に通らないというのであれば、過去にそういった経験がなかったかを考えてみて下さい。